どんぶり勘定ワールド

会社にお金が残るようになる「どんぶり勘定式・資金繰り表」をフルオーダーメイドで提供しています!セミナーも随時開催中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

資産の「換金性ランキング!!」

「みんな苦手なんだよね」
「ホント!貸借対照表って分かりにくいよなぁ~!!」






【資産の「換金性ランキング!!」の巻き】

資産の「換金性ランキング!!」では、
貸借対照表の左側の資産について見ていくことにしよう。

貸借対照表の左側の資産とは、
おカネが姿かたちを変えたものとして、
リアル(実在)な世界として捉える。

bs1.gif

そして、
貸借対照表の左側の見方・読み方・使い方のポイントは、
「換金性ランキング」だ。

貸借対照表の左側は、
すぐに現金化できる順番上から配列されているので、
貸借対照表の左側は、上の数字が大きくなるほどカッコイイ!!のだ。

究極は、
資産のすべてが現金になっている姿だ。それが理想。
すべて現金なんて現実的ではないよ。
あくまでも考え方としてだからね!!

簡単に言うと、
貸借対照表の左側上に数字を集める!
右側下に数字を集める!のだ。

この知識があれば、
他社の貸借対照表を読む際の目安にもなるし、

とにかく、
あなたが経営を行っていくうえでの目的意識がクリアになるというメリットがある。


★★★★★

もし、
「貸借対照表で気をつけていることは何ですか?」
と誰かに聞かれたら・・・、
あなたはこう答えればいい!!

「ビーエス(貸借対照表)の左側上に数字を集める!
右側下に数字を集める!ということかな!!
ビーエスの左側は上半身を鍛えて、右側は下半身を鍛える感覚さ!!」

とサラリと言えたらカッコイイ!!

★★★★★



※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ




どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
スポンサーサイト
[ 2009/07/31 06:49 ] 貸借対照表 | TB(0) | CM(0)

「試算表」と「決算書」の違いとは?

「えっ!!」
「急にそんなこと聞かれても・・・・???」 
「分かっているつもりっていうのは結構恐いのさぁ~!」






【「試算表」と「決算書」の違いとは!?の巻き】

まぁ、見ていこう!!

試算表は、毎月の財務諸表のこと。
だから試算表は年12回必要。
試算表は経営判断ツールの材料になる。
月次試算表ともいう。

一方、
決算書は、一年の財務諸表のこと。
決算書は基本的に年1回で事足りる。
決算書は税務申告の際必要なものであり、
経営判断ツールとしてはあまり役立たない。

ちょいとここで
財務諸表という言葉が出てきたので、
「財務諸表」について簡単にご説明しよう。

財務諸表とは、
「貸借対照表」と「損益計算書」の総称なんだ。

最近では、
財務諸表に「キャッシュ・フロー計算書」を
含むのが一般的になってきたようだ。

しかし、
それは上場会社のお話であって、
われわれ中小企業には
「キャッシュ・フロー計算書」なんて関係の無いお話。
「キャッシュ・フロー計算書」は無視していいです。

あと、厳密に言えば、
「株主資本等変動計算書」なども財務諸表に含まれるのだが、
ずぼら会計では、「株主資本等変動計算書」などは、
経営判断ツールとしての重要性が低すぎるので当然無視する。
決算時に顧問税理士が作成してくれるから問題ない。

中小企業の財務諸表は、あくまでも、
「貸借対照表」と「損益計算書」なのだ。

財務諸表は、
英語でファイナンシャル・ステートメント。
略して「F/S」と書くことが良くある。

たまに、
「昨年のエフエスありますか?
という人がいるにはいるが、
声を出して「エフエス」と呼ぶ人は案外少ない。
エフエスと呼ぶのは、監査法人の公認会計士くらいかなぁ~。
でも、少ないけどいるにはいるので覚えておいて損はない。簡単だしね!
財務諸表=エフエス

さて、
今回のテーマである
「試算表」と「決算書」の違いとは?の話に戻そう。

財務諸表の説明が長くなってしまったので
もう一度説明しよう!!

試算表は、毎月の財務諸表のこと。
だから試算表は年12回必要。
試算表は経営判断ツールの材料になる。
月次試算表ともいう。

一方、
決算書は、一年の財務諸表のこと。
決算書は基本的に年1回で事足りる。
決算書は税務申告の際必要なものであり、
経営判断ツールとしてはあまり役立たない。

違いはあるが、試算表も決算書も
どちらも会計ソフトから簡単に出力できる。

実務上の試算表は、正確には「合計残高試算表」のこと。
会計ソフトで「合計残高試算表」を選択して出力する。
4桁式と6桁式があるが、毎月見るものとしては4桁式が一般的。

試算表は、英語ではトライアルバランス。
だから略してT/B(ティービー)と呼ぶことがよくある。

試算表はあるツボを押せば、
経営判断ツールとしての威力を発揮してくれる。
試算表はあなたの味方だ。

試算表は、
経理の世界で作成され、
会計(管理会計)の世界で強力な経営判断ツールに変身する。


決算書は、
税務申告書の添付書類だ。
税務申告書に決算書を添付して税務署などに提出する。

決算書は、
経理の世界の話ではなく、
会計(制度会計)の世界の話だ。

決算書は、
税務署などに見せることが目的だ。
会社法と税法という法律に従って、
試算表の様式をカスタマイズしたものなのだ。
あなたのためにカスタマイズしたものではなく、
税務署などのためにしているカスタマイズなのだ。

試算表は大抵、
細かい勘定科目を設定しているので、
決算書を作成する段階で、提出用としてある程度、
勘定科目をまとめて表示したりする。税務署のために・・・

ここまでのポイントをまとめるとこうだ。
1.決算書は税務署向けの書類。年1回必要。
2.試算表は経営判断ツールの材料。年12回必要。
ということ。

★★★★★

もし、
「試算表と決算書はどう違うの?」
と誰かに聞かれたら・・・、
あなたはこう答えればいい!!

「決算書は税務署向けの書類で年1回必要なんだ。
試算表は経営判断ツールの材料になるもので、年12回必要なんだよ!!」

とサラリと言えたらカッコイイ!!

★★★★★



※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ




どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
[ 2009/07/30 06:58 ] 試算表総論 | TB(0) | CM(0)

株主資本等変動計算書って地味だよね!!

「かぶぬししほんとうへんどうけいさんしょ???」

「なんでこんなに難しいネーミングにするんだ!!」
「誰がこんな名前をつけたんだ!!」
と怒りたくなる。






【株主資本等変動計算書って地味だよね!!の巻き】

確かに怒りたくなるが、
株主資本等変動計算書は、
決算の時にだけに出てくるものであり、
月次の試算表ベースで出力することはまずない。
だから少し安心。

月次の試算表は、
あくまでも貸借対照表損益計算書のことをいう。

株主資本等変動計算書は、簡単に言うと、
「純資産」の一年間の増減明細表のことであり、
貸借対照表と損益計算書を結びつける重要な連結部分だ。

でも、この連結部分という考え方は、
論理的観点からや、作成技術上の観点から重要であるが、
経営判断ツールとしての重要性は低い。
経営判断ツールとして役に立つことはない。

つまり、株主資本等変動計算書は、
制度会計上、必要(税務申告の際に必要)なものであって、
管理会計上は無視しても構わない。、ということ。

税務申告書は「決算書」というものを添付して税務署に提出する。
その「決算書」には「株主資本等変動計算書」が含まれる。

実際、実務上は、
株主資本等変動計算書は、
決算時に顧問税理士が作成をしてくれるので
それだけでとくに問題はないだろう。

でもよく考えれば、

決算前に簡単な初期設定さえしておけば、
顧問税理士は印刷ボタンをクリックするだけだ。

だから、
株主資本等変動計算書は、
決算時に顧問税理士が作成するというよりも
会計ソフトが勝手に作ってくれるといったほうが正確かもしれない。

ということで、何はともあれ、
あなたは、株主資本等変動計算書で悩むことはない。

ただ、せっかくの機会なので、

株主資本等変動計算書は、
「純資産」の一年間の増減明細表のことなんだなぁ~!

くらいに、会計知識の常識として押さえておこう!

ちなみに、
「純資産」とは、貸借対照表の右下の部分のことをいう。



厳密にいうと違うのだが・・・、

ほとんどの中小企業は、
「純資産額」と「自己資本の額」と「株主資本の額」が同じなので、
「純資産」イコール「自己資本」イコール「株主資本」と捉えても全く問題ない。

いいかえれば、
株主資本等変動計算書は、
「自己資本」の一年間の増減明細表のことなんだなぁ~!

と押さえておくのが一番わかりやすいだろう!

★★★★★

もし、
「株主資本等変動計算書ってなんですか?」
と誰かに聞かれたら・・・、
あなたはこう答えればいい!!

「簡単にいうと、自己資本の増減表のことだよ。
決算の時にだけ出てくるものだから、税理士先生に
任せておけば良いよ!!」

とサラリと言えたらカッコイイ!!

★★★★★



※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ




どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif

貸借対照表の本性とは!?

「貸借対照表については、
分かったような、分からないようなという方が多いので、
ここで簡単に貸借対照表の見方・読み方・使い方の説明をしておこう」






【貸借対照表の本性とは!?の巻き】

貸借対照表を一言でいうとこうだ。

貸借対照表は、リアル(実在)の世界
バーチャル(仮想)の世界を対比する表だ。



貸借対照表の「左側」は、
リアル(実在)の世界を表現している。

貸借対照表の左側(資産)は、
カネが姿形を変えたものと考え、
目に見える実在するものとして捉えよう。

荒っぽい例えだが、
貸借対照表の左側は、単に、
財産目録のようなものとして捉えても構わない。


それに対して
貸借対照表の「右側」は、
バーチャル(仮想)の世界を表現している。

貸借対照表の右側(負債、資本)は、
その左側の資産を、他人のカネで買ったのか(負債)、
自分のカネで買ったのか(資本)という概念をみるものであり、
目に見えないものとして捉えよう。


つまり、
貸借対照表の本性は目に見える方の左側なのだ。
実在するリアルな方が貸借対照表の本性なのだ。

貸借対照表の右側を手で隠してみてほしい。
見えている左側が貸借対照表の本性。

隠している右側は、
抽象的な概念を表しているだけ。

ちなみに、
貸借対照表の右側にある負債のことを他人資本と呼び、
資本のことを自己資本と呼ぶことが良くあるので覚えておいていただきたい。

他人のカネ(負債=他人資本)は返さなければならないが、
自分のカネ(資本=自己資本)は返さなくてよいので、

自分のカネで買った比率(自己資本比率)が高いほど、
財務体質の良い企業といえる。

貸借対照表の右側が、なぜ、バーチャルなのか?

ということが分かれば、貸借対照表をマスターしたといえよう。

例えば、こんな質問をよく受ける。

「貸借対照表の右下に「資本金1千万円」とあるが・・・・
そんなお金はないよ?どこにあるの?」
という質問。

これは、バーチャルの考え方が分かっていないから。

というか、市販されている99.9%の会計本が
頭を混乱させる説明をしている。
別に分からなくてもあなたが悪いとか劣っているとかではなく、
会計本の内容に原因がある。

バーチャルの考え方については、オリジナルバージョンで、
追々、説明していくのでお楽しみにぃ~!

★★★★★




※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ




どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成






※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
[ 2009/07/28 06:11 ] 貸借対照表 | TB(0) | CM(0)

儲かる会計の粗利益(あらりえき)

「えっ!!」
「売上よりも大事なものって言われても・・・!?」





【儲かる会計の粗利益(あらりえき)!!の巻き】

「管理会計」は大きく分けて、
費用の捕らえ方によって
「自己満足会計」「儲かる会計」の2種類がある。

正確には、「自己満足会計」は「フルコスティング」といい、
「儲かる会計」は「ダイレクトコスティング」という。

しかし、言葉自体が難解なので、
「自己満足会計」と「儲かる会計」で話を進めていこう。

「自己満足会計」は、時間と手間が掛かるうえ、
訳が分からなくなるだけではなく、
儲け損ないを誘発してしまうというとんでもないデメリットがある。

その反対に、
「儲かる会計」は、シンプルで簡単であり、
儲けの戦略思考と上手く噛み合う。

ちなみに、
「自己満足会計」と「儲かる会計」は、
どちらも損益計算書の論点である。

以下ありふれた説明ではあるが、
重要なので念のため一読していただきたい。

「儲かる会計」の特徴は、
売上から変動費(仕入と外注費)を控除した金額を粗利益として捉えて、
変動費以外の経費は、会社全体の固定費としてひとかたまりに考える。
そして、
そのひとかたまりの固定費を、
粗利益の単価○○円の商品を何個売れば、
その企業全体の固定費を回収できるかを判断する。

粗利益は単価をどんどん積み上げて行き、
企業全体の固定費と同額になれば経常利益ゼロ、トントンということである。

もちろんその固定費を超えて粗利益の単価を積み上げて行けば、
その超えた分の粗利益はまるまる経常利益となる。





「儲かる会計」の損益計算書をシンプルに図解にしてみたので、
参考にして欲しい。
この図は私が考案したのだが、すこぶる分かりやすい。

ちなみに、世間一般では、
この「儲かる会計」思考の損益計算書を
「変動損益計算書」と呼ぶので覚えておこう!

また、変動損益計算書では、
粗利益のことを「限界利益」と呼ぶのでついでに覚えておこう!


次に「自己満足会計」の特徴だが、
「儲かる会計」と違って、固定費をひとかたまりとして考えずに、
固定費の一部を各商品単価に振り分けて考える。

と言っても分かりにくいと思われるので、簡単な例題で説明しよう。

例えば、
あなたが何か商品の販売価格を決めるときに、
仕入が30円、外注費が30円、その他経費(固定費の一部)50円かかるから、
利益10円上乗せして、120円で売ろう!

と決めたがサッパリ売れない。

100円なら売れそうだけどなぁ~。といった場合、

100円で売ったほうがいいのかどうか?
の判断はあなたならどうするであろうか?

「自己満足会計」であれば、
仕入30円、外注費30円、その他経費50円なので
合計110円の経費がかかるので、
1個売るごとに、マイナス10円という赤字が生じてしまう。

そう考えると、
当然100円での販売は止めるべきだ!
ということになる。

それでは「儲かる会計」ではどうか?

「儲かる会計」では
仕入30円と外注費30円だけを変動費としてとらえるため、
粗利益の単価は40円である。
その他経費50円は、固定費のかたまりにブチ込んでしまう。

仮にあなたの会社の月平均の固定費のかたまりが400円であれば
粗利益単価40円の商品を月に10個売ればトントンである。

さらにあと5個売れれば、
その5個分の粗利益200円がまるまる経常利益となる。

「自己満足会計」では、
100円での販売は止めるべきだ!
といっているのであるから、
「儲かる会計」での、この経常利益200円を儲け損なったということである。

販売は止めるべきだ!(自己満足会計)
というのと、
何個売ればいいのかな?(儲かる会計)
という思考が決定的な違いである。

何となく「自己満足会計」をしている会社は割と多い。

気づいていなかっただけで儲け損ないしてきた会社も多いはずである。

思いあたる節があれば、
難しいことは考えずに、今すぐ、あなたの脳ミソを「儲かる会計」に切り替えよう。

粗利益を考える場合、
変動費は仕入と外注費だけにして
賃金や家賃や減価償却費などの経費はすべて固定費にブチ込んでしまうのだ。

脳ミソを「儲かる会計」に切り替えたなら、
試算表も「儲かる会計」に作り替えてしまおう。

★★★★★



※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ





どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
[ 2009/07/27 06:01 ] 損益計算書 | TB(0) | CM(0)
サイトマップ (目次)
試算表ワールド内検索
お気に入りに追加しよう!!
↓↓↓【今すぐクリック】↓↓↓
プロフィール

神田 知宜

Author:神田 知宜
試算表ワールドへようこそ!!

著書「世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方」(日本実業出版社)が好評発売中で、台湾でも翻訳出版されている。
「どんぶり勘定」の勉強会・セミナーは、わかりやすく面白くて役に立つと極めて好評で、各地の商工会議所などでセミナー開催が次々決定。その他、どんぶり勘定推奨コンサルタントとして、企業内研修講師、個別コンサルティング、執筆活動を展開中。企業内での「日商簿記検定の講師」は、初心者向けのオリジナル解答法などが好評。関西大学商学部卒。平成10年税理士試験合格。会計事務所や、
上場企業グループの連結決算に経理責任者として携わり、その後独立して現在に至る。

月別アーカイブ
フェイスブック
ツイッター(kandazit)
ツイッター始めました。当ブログ「試算表ワールド」の更新情報もツイッターでお知らせします。あなたもツイッターの登録をして「kandazit」を「フォロー」しておくと便利ですよ!無料だしカンタンですから。
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。