どんぶり勘定ワールド

会社にお金が残るようになる「どんぶり勘定式・資金繰り表」をフルオーダーメイドで提供しています!セミナーも随時開催中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

資金繰りはシンプルで簡単なのだ!!

ふつうは、

「資金繰り」というと、

銀行対策だ!! といって、 「銀行からいかにお金を引き出すか!!」

ということにフォーカスする風潮があるようです。


でも、「銀行からいかにお金を引き出すか!!」 の問題については、
「資金繰り」 とは 別の問題 として考えたほうがスッキリします。


なぜなら、「銀行からいかにお金を引き出すか!!」 というのは、
「資金繰り」 の論点ではないからです。
それは、「資金調達(お金の出処)」 の論点なのです。


「資金繰り」 は、「日々のやりくり」 として考えたほうが分かりやすいでしょう。


とにかく、難しく考えないこと。

シンプルかつ簡単でいいんです。

たとえば、こんな感じ。

とてもためになるので、ある 「本」 の一部分を引用しますね。
入る額より使う額を少なくしたら、勝手に貯まった。ものすごく単純な問題なんです。

お金を貯めようと思って、難しい顔をして貯めている人がいますよね。

違うの。そうじゃないんです。

私は、お金を貯めようとしたことは、一度もありません。

貯金をしようと思ったことも、生まれてこのかた、一度もない。

入ってくる額よりも、使う額を少なくしていた。

そしたら、勝手に貯まってしまったんです。

たった、それだけのこと。ものすごく単純な問題なんです。

別に難しいことは何もない。

要は、その簡単なことができるかどうかだけ。

お金が貯まる人とお金が貯まらない人の違いは、それだけなの。

儲けが出たら、その金額の範囲で次の出資を考えるんです。



いかがでしょうか?

いたってシンプルでしょ?

そして、見事に 「資金繰り」 の真理をとらえていますよね。

入る額より使う額が少なければ、イヤでもお金は貯まってしまいます。
貯めたくないと思っていても、お金は貯まってしまうのです。

    でしょ?


逆に、入る額より使う額が多ければ、どうでしょうか?

お金を貯めたいと思っていても、お金はみるみる減っていきます。

    でしょ?


入る額より使う額を少なくしたら、勝手に貯まった。
儲けが出たら、その金額の範囲で次の出資を考えるんです。


徹底的に無駄遣いをなくす。

これこそが、お金を愛する使い方なのではないでしょうか。
これこそが、お金を大切にする使い方なのではないでしょうか。

入る金額の範囲内でお金を使っていけば、お金は勝手に増えていく。

これは真理(本当のこと)です。

それ以外にお金が増える方法はありますでしょうか?


難しいことをあれこれ考えても仕方がないんです。

「入る額」 > 「使う額」 ← こうならないことには、お金は増えないんです。


無駄遣いをしながらね、みんなこういうんです。

「マジでヤバイんです」 って。



さらに、著者はこう言っています。
よく 「お金がないから商売に失敗した」 というけど、

それ間違い。

事業が失敗したのは、お金がないからではなく、

知恵がないから。

知恵がないからお金がない。

お金がないから失敗する。この順番です。

だから、商売人は知恵を出して、

商売を繁盛させなければいけないんです。


資金繰りがラクになるには、知恵(創意工夫)が必要。

その知恵(創意工夫)を出すための 「お助けツール」 があります。
それは、「資金繰り一覧表」です。

この 「資金繰り一覧表」 は、ラクに「資金繰り」 をしていくためには、
欠かせない 「お助けツール」 です。

「資金繰り一覧表」 を使えば、
まずは、無駄遣いの多さに気付きます。
そして、あなたのどんぶり勘定の狂いを修正できるとともに、
お金が増えていきます。


「資金繰り一覧表」 の詳細については、コチラをご覧ください。
あなたの 「日々のやりくり」 にぜひお役立てください。


「資金繰り一覧表」 を使って
「日々のやりくり」 をしていけば、
あなたも近い将来、資金繰りがラクになります。


上記で引用したある 「本」 をご紹介します。
指小 お金儲けセラピー (〈ムック〉の本) です。

この本は・・・・

税理士が書いた本ではありません。

公認会計士が書いた本でもありません。

ひとりの経営者が書いた本です。


著者の、斎藤 一人氏はご存知ですよね。
斎藤一人氏は、高額納税者として12年連続でトップ10入りをしたことで有名。
そのうち2回は1位。納税額の累計は173億円で日本記録だそうです。

タイトルと表紙は胡散臭いのですが、本書の内容は深いです。
資金繰り以外にも、商売人としての心得が書かれています。
もしまだなら、ぜひ読んでみてください。

お金儲けセラピー (〈ムック〉の本)
出版社:KKロングセラーズ
作者:斎藤 一人



※資金繰り一覧表の入手はコチラをクリック ⇒ 「資金繰り一覧表」




※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ





どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
スポンサーサイト
[ 2010/03/16 17:39 ] イチ押しの本 | TB(0) | CM(0)

アイディアの宝庫

まさに、

「アイディアの宝庫!!」


現場から生まれたアイディアの数々。



それだけでも嬉しいのだが、
どのアイディアも極力お金を掛けずに簡単に実践できるもの
ばかりなので嬉しさ倍増。

しかも、実例が多い。

そして、丁寧に書いてあるので分かりやすい。


また、売上を伸ばすだけではなく管理会計の真髄である利益を追求すべき
ことにまで突っ込んだ内容になっている。



さらに、飲食店向けの本なのに、

「えっそんなことまで!!」

とその内容の厚さに驚愕した。

そしてCDまで付いてるという丁寧さ。とても親切だ。


そのアイディアの宝庫がこの一冊だ。

指小  「飲食店の利益を1.7倍にする50の方法」
著者:早川 雅章
出版社:シーアンドアール研究所


本書は優しい口調で書かれている。

飲食店再生への熱いハートがギュッと込められた
早川氏の愛情あふれるメッセージだ。


本書の最終章「おわりに」を読んでいるときは
ウルウルきて涙がこぼれそうになった。



また、私は早川氏の「メルマガ」を購読していつも楽しみながら読んでいる。

飲食店を経営しているわけではないのだが、
参考になることが多々あるので「メルマガ」でも勉強させてもらっている。


実際にお会いしたときに早川氏が、淡々とこう言っていた。

「店を見た瞬間に(その店の売上を上げるポイントは)分かりますよ」


自信を越える確信を感じた。


あなたが飲食店オーナーなら、
早川氏のホームページをまずはご覧になるといいだろう。

指小  飲食店経営再生請負人 「早川雅章公式サイト」 はここをクリック!!


早川氏はまさに飲食業界の救世主だ。


飲食店の利益を1.7倍にする50の方法
出版社:シーアンドアール研究所
著者:早川 雅章




※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ





どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
[ 2010/03/12 14:15 ] イチ押しの本 | TB(0) | CM(0)

揺るぎない使命感!!

先日、

私の勉強会メンバーからある一冊の本を紹介してもらった。


さっそく読んでみると…


「はんぱねぇ~!!!!」



不況なんか何のその。
類い稀なリーダーシップと行動力。
一貫して筋を突き通す誠実さと清々しさ。
こんなに凄い日本人がいたとは!!

その日本人とは、「株式会社ヘッドウォータース」 代表取締役 篠田 庸介 氏。

彼の魂の叫びを感じて止まない高付加価値の一冊。

それが、日本実業出版社から発売された 「生き残るSE」だ。



ここまで魂がビンビン伝わってくる本を私は他に知らない。
身の引き締まる思いだ。篠田氏には心から感謝したい。


京セラの 「稲盛和夫」 氏のアメーバー経営を実践されていて、
管理会計の重要性も本書で解いている。


とくに、本書のおわりにあるこの一文に衝撃が走った。


『時は今』なのだ。
できるかできないかではなく、誰かがやらなければならない。




ここで多くを語るほど私は野暮ではない。

本書を読めば彼の魂を感じることができる。
あなたが経営者であるならば、ぜひとも篠田氏の魂に触れていただきたい。



『時は今』なのだ。
できるかできないかではなく、誰かがやらなければならない。





生き残るSE
出版社:日本実業出版社
著者:篠田 庸介




※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ





どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
[ 2010/03/09 10:24 ] イチ押しの本 | TB(0) | CM(0)

商売の原理原則とは?

商売の原理原則とは?


「アトム電器」 という会社をご存知ですか?

この不況下でも快進撃を続けている電器屋さん。

テレビ東京の 「ガイアの夜明け」 というテレビ番組でも以前取り上げられていましたよね。

商店街のいわゆるパパママ店をフランチャイズ化しています。

別にヤマダ電機だけが儲かっているわけではありません。
一見、さびしそうに見えるパパママ店も実はしっかりと儲けているのです。


今回ご紹介する本の出版記念セミナーに参加してきたのですが、
アトム電器の井坂社長のお話は本当に素晴らしかったです。

本書には、そのセミナーのエッセンスがギュゥ~っと詰まっています。
とくに、正しい事業の仕組みつくりと正しい経営者の考え方。

本書の第一部は、井坂社長の事業人生(失敗と成功)のお話し。

井坂社長の人柄についても触れられていてこれがまた実に面白い。
読んでるだけで元気になってきます。


第二部は、おもに事業の仕組みづくりのお話し。あと経営理念と社員教育についても学べます。

仕組みづくりの話しも、経営理念の話しも、社員教育の話しも、まさに目からウロコです。
アトム電器は、大多数の企業と正反対のことをやっていることがよく分かります。


アマゾンのカスタマーレビューは1件のみと少ないが評価は高い。
クリック↓してカスタマーレビュー(読者の感想)を参考にどうぞ。
 ⇒ 「神様が応援してくれる経営 - シャッター商店街に明かりが灯った」
著者:伊澤 和馬/井坂 泰博
出版社:アース工房


本書の128ページにこうあります。

「21世紀は本物の商売が伸び、偽物の商売は衰退します。この世はすべていい方へ、いい方へと進化しています。ついこの間までは、まだ偽物が通用する時代だったのですが・・・・」

その本物の商売について本書で学んでみませんか?


ただし、本書を読む際にはちょっとしたコツが必要です。

本書はやたら前置きが長いので、
まずは、第二部「事業に成功するための仕組みのつくり方」のセクション(92ページ)から読み始めることをオススメします。

そして、最後まで読み進んだら、本書の最初に戻って第一部からサーッと読むのが本書を読む際のコツです。

この読み方のほうが、頭から普通に読んでいくよりも、腹に落ちやすいと思います。


アトム電器のアトムは、鉄腕アトムから取ったわけではない。
アトム電器のアトムには、原理原則という意味があるとのこと。
商売の原理原則を追及していくんだ!!という思いを込めてアトム電器という商号にしている。


本書の第2部の事業の仕組みづくりの部分(92ページ以降)を読めば、
あなたも業績が上がらない理由が明らかになります。そして、業績を上げるにはどうすれば良いのかが分かります。

なにも電気屋さんに限って参考になるということではありません。
商売の原理原則ですから、すべての業種の参考になります。

もしまだならぜひ読んでみてください。

あなたが電器屋さんなら言うに及ばず。必読の書です。


神様が応援してくれる経営―シャッター商店街に明かりが灯った
出版社:アース工房
著者:伊澤 和馬/井坂 泰博




※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ





どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
[ 2010/03/03 11:07 ] イチ押しの本 | TB(0) | CM(0)

粗利益と電動ドリル!!

粗利益はガソリンだ!!


とよく言いますよね。

ガソリンがなければ車は走れないのと同じで、
粗利益がなければ企業は活動することができないということ。

粗利益は、「会計の世界」 と 「営業活動の世界」 を結ぶ重要な接点だ。


そして、営業活動は、

「マーケティング」 と 「セールス」 に分解して捉えると効率的。


どういうことかというと・・・・、


「マーケティング」 は、見込み客を見つけてくるまでの活動。

「セールス」 は、見込み客を成約までもっていく活動。


というふうに分解する。


ここで、「セールス」 について興味深い本を一冊ご紹介しよう。

この本の特徴は、とにかく、分かりやすいということ。
そして、すぐに簡単に使えるノウハウを紹介している。


冒頭の、

「すいません。電動ドリル欲しいんですけど」

の話しは極めて興味深い。


「え~と、どういったのをお探しですか?」

これが、売れないセールスの典型。
そして、ほとんどの人がこのような過ちを犯してしまっている。


では、売れるセールスはどうすればいいのか?

について、丁寧に分かりやすく解説している。


著者は、

「お客が欲しいというものを、売ってはいけない」

と述べている。
逆説的な表現だが、本書を読めば、確かにその通りだと納得できる。


単なる経験則だけではなく、心理学をベースに展開しているので、
このノウハウは、業種を問わず使えるといった特徴がある。

しかも、セールスだけではなく、
上司部下のコミュニケーションや友達同士のコミュニケーションにも使える
嬉しいノウハウだ。


アマゾンのカスタマーレビューでも評価が高い。
この本を読みながら泣いちゃう人もいる。
クリック↓してカスタマーレビュー(読者の感想)をご覧あれ。
 ⇒ 「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」
著者:佐藤 昌弘
出版社:日本実業出版社



実践レベルで、セールスの基礎を固めたい人にオススメの一冊だ。
セールスのベテランも知識整理に役立つだろう。
もしまだならぜひ読んでみて欲しい。

凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク
出版社:日本実業出版社
著者:佐藤 昌弘




※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ





どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成








y.gifオススメのCD教材のご案内!!
「数字が苦手な社長のためのCD教材(基礎編)」 絶賛発売中!!

cd1.jpg  ← 今すぐクリック!! 1kb-sozai-175.gif
[ 2010/03/02 10:09 ] イチ押しの本 | TB(0) | CM(0)
サイトマップ (目次)
試算表ワールド内検索
お気に入りに追加しよう!!
↓↓↓【今すぐクリック】↓↓↓
プロフィール

神田 知宜

Author:神田 知宜
試算表ワールドへようこそ!!

著書「世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方」(日本実業出版社)が好評発売中で、台湾でも翻訳出版されている。
「どんぶり勘定」の勉強会・セミナーは、わかりやすく面白くて役に立つと極めて好評で、各地の商工会議所などでセミナー開催が次々決定。その他、どんぶり勘定推奨コンサルタントとして、企業内研修講師、個別コンサルティング、執筆活動を展開中。企業内での「日商簿記検定の講師」は、初心者向けのオリジナル解答法などが好評。関西大学商学部卒。平成10年税理士試験合格。会計事務所や、
上場企業グループの連結決算に経理責任者として携わり、その後独立して現在に至る。

月別アーカイブ
フェイスブック
ツイッター(kandazit)
ツイッター始めました。当ブログ「試算表ワールド」の更新情報もツイッターでお知らせします。あなたもツイッターの登録をして「kandazit」を「フォロー」しておくと便利ですよ!無料だしカンタンですから。
QRコード
QRコード
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。