どんぶり勘定ワールド

会社にお金が残るようになる「どんぶり勘定式・資金繰り表」をフルオーダーメイドで提供しています!セミナーも随時開催中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

資産の「ワンイヤールール!!」

「そこの勉強家のあなた!!」
「ちょいとアカデミックな話はいかが!」






【資産の「ワンイヤールール!!」の巻き】

まずは、あなたに質問!!

「あなたは、何を使って稼ぎますか?」

一応、会計をテーマにしているブログなので、
頭を使うとか人脈を使うとかの答えはダメ。


答えは、資産

稼ぐためには、資産が必要。

例えば、
売り物である商品製品はもちろん必要だ。
営業するための差入保証金が必要なこともある。
自社ビルや工場などの建物が必要なこともある。
現金預金が必要なのは言うまでも無い。

つまり、商売人であるあなたは、
資産を使って稼いでいるのだ。
ここで言う稼ぐとは、利益を生み出すことをいう。

会計的に言い換えれば、
あなたは、資産を使って利益を生み出しているのだ。

とすれば、
「効率的に利益を生み出すためには、
どのように資産を使えば良いのか?」
という質問が重要になってくる。

貸借対照表の左側の資産は、
「換金性ランキング」の表であり、
すぐに現金化できる順番に上から配列されている。

実はそれだけではない。
さらに、頭のいい人が考えて、
資産を2つのカテゴリ(分類)にした。

1年以内にお金を回収できるものを流動資産
1年を超えてお金が固定化されてしまうものを固定資産

この分類基準を、会計の世界では、
「1年基準(ワンイヤールール)」と呼ぶ。

bs4.gif


長期的に金が固定化されてしまうのは良くない。
直ぐに使えるお金がどれくらいあるのか?
をチェックするために、
貸借対照表の左側にある資産は、
1年を基準として2つのカテゴリに分類されているというわけだ。

1年というのは、一事業年度のことだ。
つまり、翌事業年度末までに回収できるのか?できないのか?
ってこと。


以下の5行は大変重要なので、記憶に残るように読んで欲しい。

1年を超えて長期的にお金が固定化してしまう支出をする場合、
本当にその支出が、
将来の利益を生み出すために必要なのか?
本当に他にやり方はないのか?

ということを考えて損は無い。


ここまでのポイントをまとめるとこうだ!!

資産は、
1年基準(ワンイヤールール)で2分類されている。
1年以内にお金を回収できるものを流動資産と呼び、
1年を超えてお金が固定化されるものを固定資産と呼ぶ。

これくらいの専門用語は押さえておこう。


★★★★★

もし、
「流動資産と固定資産は何が違うのですか?」
と誰かに聞かれたら・・・、
あなたはこう答えればいい!!

「直ぐに使えるお金がどれくらいあるのか?
をチェックするために、
1年以内にお金を回収できるものを流動資産と呼び、
1年を超えてお金が固定化されてしまうものを固定資産と呼ぶんだ!!
この分類基準を、会計の世界では、
1年基準(ワンイヤールール)」と呼ぶんだよ!!」

とサラリと言えたらカッコイイ!!

★★★★★



※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ




どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
[ 2009/08/02 07:24 ] 貸借対照表 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ (目次)
試算表ワールド内検索
お気に入りに追加しよう!!
↓↓↓【今すぐクリック】↓↓↓
プロフィール

神田 知宜

Author:神田 知宜
試算表ワールドへようこそ!!

著書「世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方」(日本実業出版社)が好評発売中で、台湾でも翻訳出版されている。
「どんぶり勘定」の勉強会・セミナーは、わかりやすく面白くて役に立つと極めて好評で、各地の商工会議所などでセミナー開催が次々決定。その他、どんぶり勘定推奨コンサルタントとして、企業内研修講師、個別コンサルティング、執筆活動を展開中。企業内での「日商簿記検定の講師」は、初心者向けのオリジナル解答法などが好評。関西大学商学部卒。平成10年税理士試験合格。会計事務所や、
上場企業グループの連結決算に経理責任者として携わり、その後独立して現在に至る。

月別アーカイブ
フェイスブック
ツイッター(kandazit)
ツイッター始めました。当ブログ「試算表ワールド」の更新情報もツイッターでお知らせします。あなたもツイッターの登録をして「kandazit」を「フォロー」しておくと便利ですよ!無料だしカンタンですから。
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。