どんぶり勘定ワールド

会社にお金が残るようになる「どんぶり勘定式・資金繰り表」をフルオーダーメイドで提供しています!セミナーも随時開催中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

粗利益のドアの向こうにあるものは!?

「え~~~どれどれ」
「粗利益のドアの向こうに・・・!?」
「何を言ってんだぁ~???」





【粗利益のドアの向こうにあるものは!?の巻き】

ここで、「粗利益(あらりえき)」を考察してみよう。

粗利益について、ありきたりな説明はしない。
巷に溢れている出版物の内容とは一線を画す
超実務的な角度から攻めてみたいと思う。

粗利益は、儲けと直結するので良く読んで欲しい。

「粗利益」は、
試算表の損益計算書の比較的上の部分に位置し、なぜか、
粗利益とは表示されずに売上総利益と表示されている。
この売上総利益と表示されているのが粗利益だ。


ここでちょっと想像してみて欲しい。

会計の世界に粗利益と書いてある一つのドアがある。
あなたがその粗利益のドアをそっと開ける。

あなたはそのドアの向こうにある未知の世界を
垣間見ることになるだろう。

未知の世界とはどんな世界なんだろうと
ワクワクしながら読み進んでいただきたい。

まず、下の図解を参考にしていただきたい。

pl.gif

経常利益は、
固定費を上回る部分の粗利益であるということが
お分かりいただけるであろう。

ということは、
経常利益はもともと粗利益なんだということである。

粗利益の一部分が経常利益。
だから、粗利益は特に重要なのである。

それにも関わらず、
さまざまな会社の数字を見てきたが、
業種規模関係なく粗利益が足りていない会社がビックリするほど多い。
日本企業全体の約7割が赤字(経常損失)であることが伺える。

さて、
「粗利益って何ですか?」

と聞かれてパッと答えられるであろうか?

「売上から変動費を引いた金額」

で確かに間違ってはいない。

しかし、
その引き算の回答では戦略的発想は残念ながら出てこない。

粗利益は、売上から変動費を引いた単なる残りと捉えるべきではない。
計算上は正しいかもしれないけど、経営者の眼からすると間違いだ。

粗利益は、引き算をするのではなく、掛け算をするのだ。

つまりこういうことだ。
粗利益を「顧客単価×顧客数」と考えるのである。

ここは特に重要だ。声をだして読んでみよう!!

粗利益を「顧客単価×顧客数」と考えるのである。

しつこいけどもう一度。

粗利益を「顧客単価×顧客数」と考えるのである。

そして粗利益を2つに分解して整理して考えてみよう。

1.「顧客単価」を上げるにはどうすればいいのか?
2.「顧客数」を増やすにはどうすればいいのか?
あなたは、お気付きになられただろうか?

この
1.「顧客単価」を上げるにはどうすればいいのか?
2.「顧客数」を増やすにはどうすればいいのか?

という質問は、
これはもう会計の世界ではなく、
マーケティング(集客)の世界なのである。

先ほど、
あなたがそっと開けた
会計の世界にある粗利益というドアの向こう側には・・・・、

実は、マーケティング(集客)の世界が広がっているのである。

粗利益は「顧客単価×顧客数」だ!
という掛け算の発想は、実は・・・・、

会計の世界とマーケティング(集客)の世界を結ぶ接点(ドア)なのである。

この接点(ドア)を
あなたの脳ミソの中で行ったり来たりしながら
マーケティング(集客)の戦略と戦術を組み立てていただきたいのだ。

不況になればなるほど
このマーケティング(集客)の戦略・戦術を
しっかり考えていかなければならない。


■ここまでのポイントをまとめるとこうだ!!

なぜか「粗利益」は、試算表では粗利益と表示されない。
試算表の損益計算書で、粗利益とは表示されずに
売上総利益と表示されている。

粗利益は、引き算をするのではなく、掛け算をする。
粗利益を「顧客単価×顧客数」と考える。

粗利益は「顧客単価×顧客数」だ!
という掛け算の発想は、実は・・・・、

会計の世界とマーケティング(集客)の世界を結ぶ接点(ドア)

なのである。


★★★★★

もし、
「粗利益って何ですか?」

と誰かに聞かれたら・・・、
あなたはこう答えればいい!!

「粗利益は試算表の売上総利益のことだよ!!
会計とマーケティングを結ぶ最重要ポイントなんだ!!」

とサラリと言えたらカッコイイ!!

★★★★★



※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ




どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
[ 2009/08/07 07:50 ] 損益計算書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ (目次)
試算表ワールド内検索
お気に入りに追加しよう!!
↓↓↓【今すぐクリック】↓↓↓
プロフィール

神田 知宜

Author:神田 知宜
試算表ワールドへようこそ!!

著書「世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方」(日本実業出版社)が好評発売中で、台湾でも翻訳出版されている。
「どんぶり勘定」の勉強会・セミナーは、わかりやすく面白くて役に立つと極めて好評で、各地の商工会議所などでセミナー開催が次々決定。その他、どんぶり勘定推奨コンサルタントとして、企業内研修講師、個別コンサルティング、執筆活動を展開中。企業内での「日商簿記検定の講師」は、初心者向けのオリジナル解答法などが好評。関西大学商学部卒。平成10年税理士試験合格。会計事務所や、
上場企業グループの連結決算に経理責任者として携わり、その後独立して現在に至る。

月別アーカイブ
フェイスブック
ツイッター(kandazit)
ツイッター始めました。当ブログ「試算表ワールド」の更新情報もツイッターでお知らせします。あなたもツイッターの登録をして「kandazit」を「フォロー」しておくと便利ですよ!無料だしカンタンですから。
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。