どんぶり勘定ワールド

会社にお金が残るようになる「どんぶり勘定式・資金繰り表」をフルオーダーメイドで提供しています!セミナーも随時開催中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「勘定合って銭足らず」とは?

「入ってくるお金より、出て行くお金が少なければ
お金は勝手に増えていくんだ。
うそじゃない。本当のことだよ」






【勘定合って銭足らず!!の巻き】


「勘定合って銭足らず」という言葉がある。

もともと諺(ことわざ)らしいが、
損益計算書では利益が出ているにもかかわらず、
お金が足りないことを「勘定合って銭足らず」という。

その原因を追究するのは簡単だ。
キャッシュ・フロー計算書を作るまでもない。
貸借対照表を見れば分かる。

売掛金の回転期間、買掛金の回転期間、
在庫の回転期間
や税金など「勘定合って銭足らず」の原因はあるが、

「勘定合って銭足らず」の主たる原因
借入金の元本返済である会社が多い。

借入金の元本返済額は損益計算書で費用処理できないから、
この借入金の元本返済額が損益計算書とキャッシュ・フローに
ズレを生じさせる。

ということで、
「勘定合って銭足らず」の主たる原因は
借入金の元本返済額ということが分かった。


【根本的原因!!】

しかし、もっと掘り下げて考えれば、
「勘定あって銭足らず」と感じる根本的原因は、
結局は粗利益の不足なのである。

粗利益が足りていれば借入金の返済をしても
お金は残る。

そもそも粗利益が足りていないから
お金が足りなくなってしまうのだ。

「勘定あって銭足らず」をそのまま続けていけば、
その先には黒字倒産が待ち受けている。

黒字倒産にならないためにはどうすれば良いのだろうか?

その答えは簡単だ。
リスケ(返済条件の変更)をするか、
粗利益を今よりもっと増やしていけば良いのである。

と、口で言うのは簡単だ。

それでは、実際、どうすればいいのだろうか?


【資金繰り一覧表!!】

まずは、「資金繰り一覧表」を作成することだ。
「資金繰り一覧表」毎日記録することが絶対に必要。

資金繰りを改善したい(お金を増やしたい)のなら、
「資金繰り一覧表」は絶対に必要なツールである。

1ヶ月先から3ヶ月先くらいまで確認できる「資金繰り一覧表」があれば
キャッシュの動きを確認するには十分事足りる。

「資金繰り一覧表」のフォーマットはエクセルで簡単に作れるし、
紙に手書きでも構わない。複雑で難しいものはいらない。
直感的にすぐ使える極めてシンプルなものでオッケーだ。

「資金繰り一覧表」で資金ショートしないように資金繰りをしていけばいい。

「資金繰り一覧表」のフォーマットについて、
そのうち何らかの形でご提供する予定。
その際、「資金繰り一覧表」について詳しく説明しよう。
乞うご期待!!


【勘定合わず銭も足らず!!】

実は、「勘定」があっていれば(利益が出ていれば)まだいい。

本当のところは、
「勘定合わず銭も足らず」のケースが圧倒的に多い。

損益計算書で損失が出ていて、かつ、お金も足りていないということ。
これは精神的にかなり苦しく感じる。

でも、苦しい苦しいと言い続けたところで埒が明かない。
苦しい、ウマクいかない、というのは、
「何か考え方ややり方を変えようよ!!」という
神様からのサインなのかも知れない。

「勘定あわず銭も足らず」の場合でも、考え方は同じ。

そもそも粗利益が足りていないから
お金が足りなくなってしまうのだ。

「勘定あわず銭も足らず」のその先には赤字倒産が待ち受けている。

赤字倒産しないためにも、まずは、
「資金繰り一覧表」毎日記録することが絶対に必要なのだ。

「資金繰り一覧表」を毎日記録することによって、
打開策が見えてくるものだ。

「資金繰り一覧表」を毎日見ていれば、
実にシンプルな法則を体で感じるようになる。

入ってくるお金より、出て行くお金が少なければ
お金は勝手に増えていくんだ。
うそじゃない。本当のことだよ。


■ここまでのポイントをまとめるとこうだ!!

「勘定合って銭足らず」よりも「勘定あわず銭も足らず」
のほうがケースとして多い。しかも深刻。

しかし、程度の違いだけで、どちらも、
そもそも粗利益が足りていないから
お金が足りなくなってしまうことには変わらない。

資金繰りを改善したい(お金を増やしたい)のなら、
「資金繰り一覧表」は絶対に必要なツールである。
「資金繰り一覧表」を毎日記録することが絶対に必要。

「資金繰り一覧表」は、ムチャクチャ重要!!

「資金繰り一覧表」を毎日記録し見ていれば、
実にシンプルな法則を体で感じるようになる。

入ってくるお金より、出て行くお金が少なければ
お金は勝手に増えていく。実にシンプルだ。


★★★★★

もし、
「勘定合って銭足らず」ってどういうことですか?

と誰かに聞かれたら・・・、
あなたはこう答えればいい!!

「もともと諺(ことわざ)らしいんだけど、
損益計算書では利益が出ているにもかかわらず、
お金が足りないことを「勘定合って銭足らず」っていうんだ。

色々原因はあるけど、借入金の元本返済額がそのズレの原因
であることが多いみたいだよ!!

資金繰りを改善したい(お金を増やしたい)のなら、
まずは「資金繰り一覧表」を毎日記録することだね!!」


とサラリと言えたらカッコイイ!!



★★★★★



※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ




どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ (目次)
試算表ワールド内検索
お気に入りに追加しよう!!
↓↓↓【今すぐクリック】↓↓↓
プロフィール

神田 知宜

Author:神田 知宜
試算表ワールドへようこそ!!

著書「世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方」(日本実業出版社)が好評発売中で、台湾でも翻訳出版されている。
「どんぶり勘定」の勉強会・セミナーは、わかりやすく面白くて役に立つと極めて好評で、各地の商工会議所などでセミナー開催が次々決定。その他、どんぶり勘定推奨コンサルタントとして、企業内研修講師、個別コンサルティング、執筆活動を展開中。企業内での「日商簿記検定の講師」は、初心者向けのオリジナル解答法などが好評。関西大学商学部卒。平成10年税理士試験合格。会計事務所や、
上場企業グループの連結決算に経理責任者として携わり、その後独立して現在に至る。

月別アーカイブ
フェイスブック
ツイッター(kandazit)
ツイッター始めました。当ブログ「試算表ワールド」の更新情報もツイッターでお知らせします。あなたもツイッターの登録をして「kandazit」を「フォロー」しておくと便利ですよ!無料だしカンタンですから。
QRコード
QRコード
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。