どんぶり勘定ワールド

会社にお金が残るようになる「どんぶり勘定式・資金繰り表」をフルオーダーメイドで提供しています!セミナーも随時開催中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

税理士事務所のウラ事情(1)

「まぁ、とりあえず行きましょうか?」
「はぁ~?どこへ?」
「○○銀行。そこの支店長と仲いいから」







【税理士事務所が借入をオススメする本当の理由(ワケ)!!の巻き】

運転資金が足りない!!どうしよう!!

そうなったら、理屈の上でも、現実的にも、
増資か借入しか手はなさそうだ。

しかし、上場会社ならいざ知らず、
中小企業が増資することは実際問題考えにくい。

なぜなら、投資したいというスポンサーを
探すのは面倒だし時間が掛かる。

もし仮に、スポンサーが付いたとしても
せっかく自由が利く同族会社なのに、
資金的支配に加え、人的支配によって乗っ取られてしまう可能性が
極めて高くなってしまうのでよろしくない。

だから増資はあきらめて、借入のことが
頭をよぎるのは自然の流れだろう。

しかし、借入の元本返済は、費用処理できない。
税引後の利益からキャッシュ・アウトする恐ろしい性質であるため、
借入は極力しないほうがいい。

やむを得ず借入をしなければならない場合は、
消費者金融広告のキャッチコピーのように、
無理のない返済計画をしっかり立てなければならない
ことは言うまでもない。

借入時は安心するが、
後々資金繰りが悪化する会社が後を絶たない
からだ。

しかし、それにもかかわらず、
信用の実績を作っておいたほうがいいからと、
安易に借入を促す税理士がいるが、
そんな話に乗ってはいけない。

あなたはご存知であろうか?

借入をして実績ができるのはあなたではなく、
実は、税理士の方なのである。

つまり、こういうことだ。

金融機関の融資担当者から、税理士はこう言われる。

「先生、この度はありがとうございました。
また先生のクライアントさんを紹介してください」

税理士は金融機関に対してこうした実績を積み重ねていけば、
後に金融機関から新規クライアントを
紹介してもらえるかも知れないのだ。

それもそのはず、
大きな臨時収入となる相続税の案件などは
金融機関から紹介してもらえることが割りと良くある。

少し賢い税理士は、クライアントの借入実績を
自分のセールスポイントにして集客している。

ということを考えると、
借入をしなくても回していけるようにと
日々口すっぱく言ってくれる税理士のほうが
口うるさく感じるだろうが実は信頼できる。


■ここまでのポイントをまとめるとこうだ!!

レバレッジを効かせることができる借入もあるので、
借入については、実は、ケースバイケース。
ただし、運転資金不足の穴埋めとして借入をしたいのであれば、
新規融資や追加融資を検討する前に、
まずはリスケ(返済条件の変更)を検討するのが筋だろう!!

借入した後のことも考えないとね!!
みんな後で苦しむんだから。。。



★★★★★

もし、
「税理士が借入を勧めるんだけどさ、どう思う?」

と誰かに聞かれたら・・・、
あなたはこう答えればいい!!

「ケースバイケースなんだけど、
借入の元本返済は、費用処理できずに、
税引後の利益からキャッシュ・アウトする恐ろしい性質だから、
借入は極力しないほうがいいよ!!

借入を勧める税理士よりも、リスケ(返済条件の変更)を
教えてくれる税理士のほうがいいよ!!紹介しようか!?」

とサラリと言えたらカッコイイ!!

★★★★★



※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ




どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
[ 2009/08/16 08:37 ] 税理士事務所 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ (目次)
試算表ワールド内検索
お気に入りに追加しよう!!
↓↓↓【今すぐクリック】↓↓↓
プロフィール

神田 知宜

Author:神田 知宜
試算表ワールドへようこそ!!

著書「世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方」(日本実業出版社)が好評発売中で、台湾でも翻訳出版されている。
「どんぶり勘定」の勉強会・セミナーは、わかりやすく面白くて役に立つと極めて好評で、各地の商工会議所などでセミナー開催が次々決定。その他、どんぶり勘定推奨コンサルタントとして、企業内研修講師、個別コンサルティング、執筆活動を展開中。企業内での「日商簿記検定の講師」は、初心者向けのオリジナル解答法などが好評。関西大学商学部卒。平成10年税理士試験合格。会計事務所や、
上場企業グループの連結決算に経理責任者として携わり、その後独立して現在に至る。

月別アーカイブ
フェイスブック
ツイッター(kandazit)
ツイッター始めました。当ブログ「試算表ワールド」の更新情報もツイッターでお知らせします。あなたもツイッターの登録をして「kandazit」を「フォロー」しておくと便利ですよ!無料だしカンタンですから。
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。