どんぶり勘定ワールド

会社にお金が残るようになる「どんぶり勘定式・資金繰り表」をフルオーダーメイドで提供しています!セミナーも随時開催中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイディアの宝庫

まさに、

「アイディアの宝庫!!」


現場から生まれたアイディアの数々。



それだけでも嬉しいのだが、
どのアイディアも極力お金を掛けずに簡単に実践できるもの
ばかりなので嬉しさ倍増。

しかも、実例が多い。

そして、丁寧に書いてあるので分かりやすい。


また、売上を伸ばすだけではなく管理会計の真髄である利益を追求すべき
ことにまで突っ込んだ内容になっている。



さらに、飲食店向けの本なのに、

「えっそんなことまで!!」

とその内容の厚さに驚愕した。

そしてCDまで付いてるという丁寧さ。とても親切だ。


そのアイディアの宝庫がこの一冊だ。

指小  「飲食店の利益を1.7倍にする50の方法」
著者:早川 雅章
出版社:シーアンドアール研究所


本書は優しい口調で書かれている。

飲食店再生への熱いハートがギュッと込められた
早川氏の愛情あふれるメッセージだ。


本書の最終章「おわりに」を読んでいるときは
ウルウルきて涙がこぼれそうになった。



また、私は早川氏の「メルマガ」を購読していつも楽しみながら読んでいる。

飲食店を経営しているわけではないのだが、
参考になることが多々あるので「メルマガ」でも勉強させてもらっている。


実際にお会いしたときに早川氏が、淡々とこう言っていた。

「店を見た瞬間に(その店の売上を上げるポイントは)分かりますよ」


自信を越える確信を感じた。


あなたが飲食店オーナーなら、
早川氏のホームページをまずはご覧になるといいだろう。

指小  飲食店経営再生請負人 「早川雅章公式サイト」 はここをクリック!!


早川氏はまさに飲食業界の救世主だ。


飲食店の利益を1.7倍にする50の方法
出版社:シーアンドアール研究所
著者:早川 雅章




※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ





どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
[ 2010/03/12 14:15 ] イチ押しの本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ (目次)
試算表ワールド内検索
お気に入りに追加しよう!!
↓↓↓【今すぐクリック】↓↓↓
プロフィール

神田 知宜

Author:神田 知宜
試算表ワールドへようこそ!!

著書「世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方」(日本実業出版社)が好評発売中で、台湾でも翻訳出版されている。
「どんぶり勘定」の勉強会・セミナーは、わかりやすく面白くて役に立つと極めて好評で、各地の商工会議所などでセミナー開催が次々決定。その他、どんぶり勘定推奨コンサルタントとして、企業内研修講師、個別コンサルティング、執筆活動を展開中。企業内での「日商簿記検定の講師」は、初心者向けのオリジナル解答法などが好評。関西大学商学部卒。平成10年税理士試験合格。会計事務所や、
上場企業グループの連結決算に経理責任者として携わり、その後独立して現在に至る。

月別アーカイブ
フェイスブック
ツイッター(kandazit)
ツイッター始めました。当ブログ「試算表ワールド」の更新情報もツイッターでお知らせします。あなたもツイッターの登録をして「kandazit」を「フォロー」しておくと便利ですよ!無料だしカンタンですから。
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。