どんぶり勘定ワールド

会社にお金が残るようになる「どんぶり勘定式・資金繰り表」をフルオーダーメイドで提供しています!セミナーも随時開催中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

資金繰りはシンプルで簡単なのだ!!

ふつうは、

「資金繰り」というと、

銀行対策だ!! といって、 「銀行からいかにお金を引き出すか!!」

ということにフォーカスする風潮があるようです。


でも、「銀行からいかにお金を引き出すか!!」 の問題については、
「資金繰り」 とは 別の問題 として考えたほうがスッキリします。


なぜなら、「銀行からいかにお金を引き出すか!!」 というのは、
「資金繰り」 の論点ではないからです。
それは、「資金調達(お金の出処)」 の論点なのです。


「資金繰り」 は、「日々のやりくり」 として考えたほうが分かりやすいでしょう。


とにかく、難しく考えないこと。

シンプルかつ簡単でいいんです。

たとえば、こんな感じ。

とてもためになるので、ある 「本」 の一部分を引用しますね。
入る額より使う額を少なくしたら、勝手に貯まった。ものすごく単純な問題なんです。

お金を貯めようと思って、難しい顔をして貯めている人がいますよね。

違うの。そうじゃないんです。

私は、お金を貯めようとしたことは、一度もありません。

貯金をしようと思ったことも、生まれてこのかた、一度もない。

入ってくる額よりも、使う額を少なくしていた。

そしたら、勝手に貯まってしまったんです。

たった、それだけのこと。ものすごく単純な問題なんです。

別に難しいことは何もない。

要は、その簡単なことができるかどうかだけ。

お金が貯まる人とお金が貯まらない人の違いは、それだけなの。

儲けが出たら、その金額の範囲で次の出資を考えるんです。



いかがでしょうか?

いたってシンプルでしょ?

そして、見事に 「資金繰り」 の真理をとらえていますよね。

入る額より使う額が少なければ、イヤでもお金は貯まってしまいます。
貯めたくないと思っていても、お金は貯まってしまうのです。

    でしょ?


逆に、入る額より使う額が多ければ、どうでしょうか?

お金を貯めたいと思っていても、お金はみるみる減っていきます。

    でしょ?


入る額より使う額を少なくしたら、勝手に貯まった。
儲けが出たら、その金額の範囲で次の出資を考えるんです。


徹底的に無駄遣いをなくす。

これこそが、お金を愛する使い方なのではないでしょうか。
これこそが、お金を大切にする使い方なのではないでしょうか。

入る金額の範囲内でお金を使っていけば、お金は勝手に増えていく。

これは真理(本当のこと)です。

それ以外にお金が増える方法はありますでしょうか?


難しいことをあれこれ考えても仕方がないんです。

「入る額」 > 「使う額」 ← こうならないことには、お金は増えないんです。


無駄遣いをしながらね、みんなこういうんです。

「マジでヤバイんです」 って。



さらに、著者はこう言っています。
よく 「お金がないから商売に失敗した」 というけど、

それ間違い。

事業が失敗したのは、お金がないからではなく、

知恵がないから。

知恵がないからお金がない。

お金がないから失敗する。この順番です。

だから、商売人は知恵を出して、

商売を繁盛させなければいけないんです。


資金繰りがラクになるには、知恵(創意工夫)が必要。

その知恵(創意工夫)を出すための 「お助けツール」 があります。
それは、「資金繰り一覧表」です。

この 「資金繰り一覧表」 は、ラクに「資金繰り」 をしていくためには、
欠かせない 「お助けツール」 です。

「資金繰り一覧表」 を使えば、
まずは、無駄遣いの多さに気付きます。
そして、あなたのどんぶり勘定の狂いを修正できるとともに、
お金が増えていきます。


「資金繰り一覧表」 の詳細については、コチラをご覧ください。
あなたの 「日々のやりくり」 にぜひお役立てください。


「資金繰り一覧表」 を使って
「日々のやりくり」 をしていけば、
あなたも近い将来、資金繰りがラクになります。


上記で引用したある 「本」 をご紹介します。
指小 お金儲けセラピー (〈ムック〉の本) です。

この本は・・・・

税理士が書いた本ではありません。

公認会計士が書いた本でもありません。

ひとりの経営者が書いた本です。


著者の、斎藤 一人氏はご存知ですよね。
斎藤一人氏は、高額納税者として12年連続でトップ10入りをしたことで有名。
そのうち2回は1位。納税額の累計は173億円で日本記録だそうです。

タイトルと表紙は胡散臭いのですが、本書の内容は深いです。
資金繰り以外にも、商売人としての心得が書かれています。
もしまだなら、ぜひ読んでみてください。

お金儲けセラピー (〈ムック〉の本)
出版社:KKロングセラーズ
作者:斎藤 一人



※資金繰り一覧表の入手はコチラをクリック ⇒ 「資金繰り一覧表」




※今回の記事について、なかなか良い内容だなぁ~
    と少しでも思ったらクリックしてください。⇒  ⇒ 人気ブログランキングへ





どんぶり勘定推奨コンサルタント  
神田 知宜


Tomonori Kanda

バナーを作成







※遠隔地のため神田式試算表勉強会に参加できなかったり、好きな時に何回も繰り返し聞きたいときにオススメのCD教材です。下の画像をクリックしてください。
y.gif売れてます!!数字が苦手な社長必見!!
「どんぶり勘定の感性を磨く神田式試算表CD教材(基礎編)」

cd1.jpg  ← 詳細は今すぐ画像をクリック!! maus.gif
[ 2010/03/16 17:39 ] イチ押しの本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ (目次)
試算表ワールド内検索
お気に入りに追加しよう!!
↓↓↓【今すぐクリック】↓↓↓
プロフィール

神田 知宜

Author:神田 知宜
試算表ワールドへようこそ!!

著書「世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方」(日本実業出版社)が好評発売中で、台湾でも翻訳出版されている。
「どんぶり勘定」の勉強会・セミナーは、わかりやすく面白くて役に立つと極めて好評で、各地の商工会議所などでセミナー開催が次々決定。その他、どんぶり勘定推奨コンサルタントとして、企業内研修講師、個別コンサルティング、執筆活動を展開中。企業内での「日商簿記検定の講師」は、初心者向けのオリジナル解答法などが好評。関西大学商学部卒。平成10年税理士試験合格。会計事務所や、
上場企業グループの連結決算に経理責任者として携わり、その後独立して現在に至る。

月別アーカイブ
フェイスブック
ツイッター(kandazit)
ツイッター始めました。当ブログ「試算表ワールド」の更新情報もツイッターでお知らせします。あなたもツイッターの登録をして「kandazit」を「フォロー」しておくと便利ですよ!無料だしカンタンですから。
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。